だいたい、体に蓄積されてしまう「毒」というのはどのような性質のもので、その「毒」は果たしてデトックスで排出できるの?美白という美容法は2000年以前に美容家の鈴木その子の活躍とともに流行ったのは記憶に新しいが、もっと前からメラニン色素の沈着によるしみ対策において用いられていたようだ。
現代社会に暮らしているにあたって、体の中には人体に悪影響を及ぼすというケミカルな物質が蓄えられ、さらには自分の体内でも老化を促すフリーラジカルなどが生まれていると言われているようだ。
例を挙げれば…あなたは今、PCを眺めながら頬杖をついていたりしませんか?実はこの体勢は手の力を目一杯ほっぺたに伝えて、繊細な肌に対して余計な負荷をかけることに繋がるのでお勧めできません。
爪の伸び方はまるで樹木の年輪のように刻まれる存在である為にその時点での健康状態が爪に出ることが多く、髪の毛と共通するように視認できて判断しやすいため健康のバロメーターとも言われているらしい。
よく女性誌や美容本には、小顔になる、肌が美しくなる、痩せられるし、デトックス作用がある、免疫の増進など、リンパの流れを促進すれば1解決する!という華やかなフレーズが並んでいる。
整形外科とは違い美容外科が損壊などのない健康な体に施術を行う美容のための行為であるにも関わらず、安全性への意識があまりにも疎かにされていたことが一つの大きな素因なのだ。
私たちが提唱するリハビリメイクには、様々な体の機能に損傷を被ってしまった人のリハビリテーションと同じく、顔などの外観にダメージを被った人がもう一度社会に踏み出すために修得するスキルという側面があります。

Copyright(C)2013 健康美人a08−健康美人スゴ得会員 All Rights Reserved.