日本の医療全体がクオリティ・オブ・ライフ(生活の質)重視の風潮にあり、物づくりに代表さる経済の完成と医療市場の急速な拡大もあって、美意識に基づいた美容外科(Cosmetic Surgery)はここ最近最も注目されている医療分野であることは間違いない。
新陳代謝が狂いがちになると、様々なお肌のエイジング現象や肌トラブルが起こります。

顔や首筋のしわ・目立つシミ・顔色の冴えないくすみ・目の下のくま・フェイスラインがぼやけるたるみ・目障りな吹き出物・突っ張るような乾燥など、挙げればキリがないほどです。

特に就寝前の歯のケアは大切。
溜まっているくすみを除去するため、寝る前は丁寧に歯みがきをしましょう。
歯磨きは回数が多ければ良いわけではなく、内容のクオリティを向上することが大切です。

もう一つ、お肌のたるみに大きく関わるのが表情筋。
これはいろんな表情を生み出す顔の筋肉を指しています。

コラーゲンと同じく、この表情筋の力も歳をとるにつれて鈍くなるのです。

日本皮膚科学会の判断指標は、@酷いかゆみ、A固有の皮疹とその分布場所、B慢性的で反復する経過、3項目すべて該当する病気を「アトピー性皮ふ炎(あとぴーせいひふえん)」と言っている。
幅広い年代の女性に親しまれているピーリングとは、役目を終えた不要な角質層をピール(peel:はぐの意味)し、生成されたばかりのキメの細かい肌(角質)に入れ替えて、新陳代謝を正常化する人気の美容法なのです。

Copyright(C)2013 健康美人a08−健康美人スゴ得会員 All Rights Reserved.